2020年6月16日火曜日

北上川のしじみ!20200612

震災から9年3ケ月経過した翌日、その被災地である石巻市河北町の復興公営住宅に住んでいる方から思わぬお中元?がご覧の通り届きました。


中身は北上川名物のしじみと手作り味噌です。
昨年、日本福音ルーテル教会東教区3.11プロジェクトで訪問した際、このしじみとお噌で作っていただいたしじみ汁(あまりの大きさに最初はあさりだと思っていましたが)をいただきましたが、あまりの美味しそうに食べる姿に、来年はお送りしますとの約束を覚えていてくださりました。




このしじみはその震災でご主人を亡くされた高齢の方が、ひとつひとつ手で掘って収穫されたということで、その夜、早速、感謝して、しじみ汁にしていただきました。
一口味わうと、昨年訪問した時のことや、今から9年3ケ月前にあの大川小学校を襲った新北上川の逆流した津波の光景が目に浮かびました。
しかし、今は、その北上川は、その恵みである名産のしじみを私たちに与えてくれいます。
新型コロナウイルスに苦しんでいる方々と共に東日本大震災の被災された方々のことを覚えます。

2020年4月27日月曜日

「特定非営利活動法人子育て支援アシスト・エフワン、社会貢献者表彰」20200426


となりびとで支援していました仙台市の特定非営利活動法人「子育て支援アシスト・エフワン」が公益財団法人社会貢献支援財団から社会貢献者表彰を受賞します。
詳しくはhttps://minorichurch.blogspot.com/をご覧ください。

2020年3月6日金曜日

間もなく震災から9年。20200306

間もなく震災から9年を迎えますが、そのような中、「となびと」で支援をしていた石巻市北上町十三浜から旬のめかぶがご覧の通り届きました。感謝です。平安な生活が続きますようお祈りいたします。

今年も3月11日(水)19時より、日本福音ルーテル小石川教会で3.11を憶える礼拝が行われます。

2019年11月9日土曜日

東教区3.11プロジェクト「東北訪問プログラム」2019110405

11月4日・5日と東教区3.11プロジェクト「東北訪問プログラム」に同行しました。


初日は仙台駅でレンタカーを借り、一路、石巻市河北町の復興公営団地に向かいました。
写真の一番奥が、復旧・復興時にお風呂(天然温泉)の拠点となった道の駅「上品の郷」です。現在、復興公営団地が立っている地域は、以前は荒れ地になっていました。




復興公営住宅では、つるしびな支援を行った地元の方や布ぞうりを作っておられる「なごみの会」の方などと地元のシジミ汁(しじみは数年物で、あさりと間違うほどの大きさでした)などをいただきながら交流の時を持ちました。支援をしていた当時、赤ちゃんであった子も今では小学校2年生と時の経過を実感する時となりました。



復興公営住宅には、海の仕事ができるように、ご覧の通り、外に流しの作業場が設置してありました。



復興住宅を後にして、石巻市北上町十三浜の支援先を訪問しました。地元の特産料理をいただきながら現在の生活状況などのお話をおうかがいしました。




その後、気仙沼市本吉町の宿泊先のペンションに向かい、名物のさんまなどをいただき、その日の振り返りをして一日目のプログラムを終了しました。




現在、気仙沼線の沿岸部を走行する柳津駅 - 気仙沼駅間は、バス・ラピッド・トランジット (BRT) が運行されていました。





沿岸部では、現在、防潮堤工事がご覧の通り進められていました。




翌日は、おいしい朝食をいただき、宿泊先を後にして、東日本大震災復興記念前浜マリンセンターに向かいました。





建設過程のパネルの説明後、現在の利用状況などのお話をおうかがいしました。




その後、今年の3月10日に開館した気仙沼市東日本大震災遺構・伝承館を訪問しました。
ちょうどこの日は「世界津波の日」で臨時開館していました。

















気仙沼市東日本大震災遺構・伝承館訪問後は、南三陸さんさん商店街を訪問しました。





南三陸さんさん商店街を後にして、震災遺構となった大川小学校を訪問しました。







この橋のある所に避難しようとしました。







この裏山につながる道を逃げていれば言われていますが、この写真よりも実際には、かなりの斜度があります。




100回以上の訪問の中で、はじめて山の中腹から全景を見ることができました。校舎の向こうに見えるのが新北上川です。こちらから津波が学校を襲いました。


多くの見学者が訪れる中、復旧工事のダンプカーが今も頻繁に走っています。
なぜか、山の中腹にある踊り場?しかし、ここには、低学年の子どもやお年寄りが上ることは困難です。


石巻市の日和山公園に着くと、日が暮れ、真っ暗となっしまいました。東日本大震災の最大の被害者を出した南浜地区(国営復興祈念公園建設予定地)をご覧の通り、クレーンにより大型の建物が建設工事がされていました。


震災遺構となる門脇小学校が、今回の最後の訪問地となりました。


今月30日には以下のプログラムの中で、今回の訪問内容についても報告する予定です。